ヤマモモ
Yamamomo

初夏の訪れを告げる果実

「徳島県の木」や「小松島市の木」に指定されているヤマモモ。独特の歯触りや甘酸っぱい味覚が特長で、小松島では街路樹や公園樹にも用いられています。主な品種は、甘酸っぱい「瑞光」と、大きくて酸味が少ない「森口」の2種類で、6月上旬から7月上旬にかけて収穫。サクランボほどの真っ赤な実が、初夏の味覚を満喫させてくれます。

県内トップの生産量

温暖な地域に自生するヤマモモは、小松島の自然条件に適した果物です。生産量は県内でもトップを誇っており、栽培農家数は約100戸。最近では果実酒やジャム、ジュースなどの加工品としても人気があり、徳島県内を始め、関東方面や京阪神地方にも出荷しています。酸味が苦手な方でも軽く塩をまぶすと甘みが際立ちますので、ぜひお試しください。