たけのこ
Takenoko

鮮度を保つ朝採り出荷

豊かな自然条件に恵まれた小松島は、県内でも有数のタケノコの産地です。品種は日本で最も大形の孟宗竹(モウソウチク)で、生産者数は約100戸にのぼります。収穫は早いもので12月から始まり、3月から4月にかけてが出荷のピーク。主な出荷先は京阪神地方となっており、鮮度の良いものを届けられるように、朝採り出荷を行なっています。

竹林の管理がおいしさの秘密

おいしいタケノコを育てるには、効率よく日光が当たるように間伐を行うことが重要です。また、土入れや肥料を与えることで栄養分が全体にいきわたり、ほのかな甘みと歯触りの良いタケノコが育ちます。サイズは大きいもので約4キロ。食物繊維が豊富で、春の訪れを告げる食材として、私たちの食卓を彩ります。