菌床シイタケ
Shiitake

全良い品質をコンスタントに

最近では、キノコ類の栽培方法として「菌床栽培」が多く用いられるようになりました。菌床とは、オガくずなどに栄養源を混ぜて固めたブロック状の培地のこと。全体をきちんと管理することができるので、品質の良いシイタケをコンスタントに作ることできます。現在、小松島市は県内で最大の出荷量を誇っており、栽培農家や農業法人が元気に活動を続けています。

長年の経験がおいしさになる

シイタケづくりに欠かせないのが、菌床ブロックへのこだわりです。独自に生産している農家もあり、長年の経験をもとにより良い菌床を追求しています。また、毎日の天候に合わせて水分や湿度にも十分配慮しています。おいしいシイタケを見分けるポイントは、なるべく肉厚のものを選ぶこと。関西を中心に出荷されているので、小松島産のシイタケを見かけたら、ぜひ食べてみてください。