干しエビ
Hoshiebi

1匹1匹にエビのうま味が凝縮

紀伊水道に面する小松島では、底引き網と呼ばれる漁が盛んに行われています。そこで漁獲されるサルボエビを乾燥させたものが「干しエビ」です。エビの収穫期間は6月から8月にかけて行われ、製品として加工されたものが周年に渡って販売されています。干しエビの質量は、乾燥させる前の10分の1程度。それだけ、1匹1匹にエビ独特のうま味が凝縮されているのです。

紀伊水道が育むおいしさ

小松島市のエビの漁獲量は徳島県内でもトップクラス。紀伊水道という恵まれた漁場と、沿岸部の地形、吉野川から流れてくる豊富な栄養分など、エビが成長するための最高の条件がそろっています。干しエビのおいしい食べ方は、なんといってもそのまま食べること。ビールのおつまみや子供のおやつにもピッタリです。天然の材料だけでつくられる小松島の干しエビを、ぜひご賞味ください。

お問い合わせ先
小松島漁業協同組合
TEL.0885-33-1122
FAX.0885-33-2011

和田島漁業協同組合
TEL.0885-37-1621
FAX.0885-38-2457