ガザミ
Gazami

紀伊水道の恵みをたっぷりうけて

別名「ワタリガニ」とも呼ばれているガザミ。小松島では遠浅で砂地の多い紀伊水道の沿岸部に生息しています。吉野川から流れてくる豊富なプランクトンを食べて育つため、全体的に型が大きいのが特長です。また激しい潮流で知られる鳴門海峡を渡るものもあり、身が引き締まっています。焼きガニや蒸し焼きにするとおいしく、弾力があって甘みのある身は高級食材としても重宝されています。

海の資源を大切にする

小松島では、底引き網とマンガン(鉄製のクワを使って捕る)漁を行っています。オスが10月、メスは12月頃に旬を迎え、水揚げのピークは水温が下がる12月です。また、規格より小さいガザミや、脱皮したばかりのガザミは海に放流するなど、海の資源を大切にしながら漁を行っています。出荷先は主に京阪神地方となっており、より新鮮なものをいち早く届けられるよう取り組んでいます。