フィッシュカツ
Fish katsu

小松島が生んだ庶民の味

近海で獲れた新鮮な白身魚のすり身に、とうがらしやカレー粉などの香辛料を入れ、パン粉で揚げた練り食品です。約30年前に商品としてつくられ、今では小松島の名産品の一つとなっています。県内の一般家庭にも浸透しており、小松島の蒲鉾店をはじめ、県内のスーパーやコンビニなどで気軽に手に入れることができます。最近では、四国や関西など近隣県のスーパーなどでも販売されるようになりました。

おいしい食べ方も十人十色

フィッシュカツの魅力は、魚の旨味をたっぷりと含んだ身と、スパイシーな味付けです。お店によって独自の調合があり、それぞれ違うおいしさを楽しむことができます。ソースやマヨネーズでそのまま食べてももちろんおいしくいただけますが、フライパンでカリッと焼いても美味。地元ではお好み焼きや焼きそばなどに入れることもあります。賞味期限は約1週間で、お土産としても高い人気を誇っています。